子供を脱毛サロンで脱毛させる時の注意点

女性にとってむだ毛は気になるものです。むだ毛を意識し始める年齢は年々低下しており、早ければ小学校高学年ごろから悩むようになります。

自己処理を始める子もいますが、まだ肌も柔らかくデリケートな状態で、剃刀や毛抜きを使用しての自己処理は負担が大きくあまりよくありません。



そのため、近年は子どもを脱毛サロンに通わせるケースが増えてきています。



脱毛サロンによって、施術可能な年齢は12歳以上や16歳以上など、さまざまに異なります。

中には3歳から可能というところもあります。
特に年齢制限のないところもありますが、その場合もじっくり本人と話し合い、肌状態などを確認したうえで施術を行うかどうかを判断するところがほとんどです。

いずれのケースでも親権者の同意書は必要となります。


サロンで行う施術は、光脱毛という方式が一般的です。
これは肌に負担が少ない施術方法ですが、大人でも体調によってはかゆみや腫れ、赤みが起きることがあります。

大人より肌が弱く刺激に反応しやすい子どもの肌では、トラブルが起きる可能性は高くなります。



また、光脱毛にはいくつも種類がありますが、メラニン色素に反応する光を用いて毛にダメージを与える機器での脱毛は、子どもの細く薄い毛にはあまり効果が出ないこともあります。

脱毛サロンで子どもの脱毛をお願いする場合は、上記のような注意点をよく検討することが大切です。

また脱毛施術を受けた後は、大人が肌状態をしっかり確認して、適切なケアを行ってあげましょう。

MENU