顔でも、足でも、ワキでも、全身でも、脱毛ができるところはエステサロンだけではありません。

実は皮膚科などの医療機関でも脱毛の施術を受けることができるのです。これから初めて脱毛を行う方は、この二つの違いについて知っておくといいでしょう。



病院とエステサロン、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。



まず一つ大きな違いとして上げられるのは、脱毛の効果における評判です。


これについては、医療機関のほうが効果が確実で安全性が高く、エスサロンの場合はそれより劣ると考えられています。
もちろん、エステサロンが駄目だというわけではありませんが、医療機関には医師免許を持ったドクターがいますので、何かあってもすぐに医学的に対処できるという安心感があるので、その点が評価されています。



また、エステサロンでは永久脱毛を行うことができないのに対して、医療機関ではそれを行うことができます。


この点も大きな違いであると同時に、エステサロンより医療機関の評判を高める要因となっています。どういうことかといえば、永久処理はそもそも、毛根を破壊しなければ行うことができなものです。

しかし、この行為は医療行為にあたるもので、医師免許を持ったドクターがいる医療機関でしか行えないのです。

エステサロンでもある程度の処理を行うことはできますが、毛根を破壊することまではできないので、結果として永久処理することができません。

このように、エステサロンと医療機関ではまったく特長が異なっています。

Copyright (C) 2015 脱毛サロンと医療機関の評判 All Rights Reserved.